不登校児童を対象とした復学支援、受験指導を目的とする学習塾です。教室は、大阪からの通学にも至便な京都市内の中心部に在ります。

京都あすなろ教室
無料相談 申込み
不登校を続ける君へ
高校を中退した君へ
不登校児を持つ親御さんへ
あすなろ教室のここが凄い
子供を説得できない
自習サポート教室
お母さんのためのカウンセリング
料金
アクセス
会社概要
プライバシーポリシー
塾長からのメッセージ
講師陣からのメッセージ
自習サポート教室
 
お問い合わせ
 
TOPページ > 講師陣からのメッセージ
講師陣からのメッセージ
講師のメッセージをお伝えいたします

西川 :  成瀬 :  上中 :  大花
山本 :  土井 : 金城


講師 土井(京都大学薬学部在籍・早稲田実業学校出身)

皆さんこんにちは。講師をさせて頂く土井 星太朗です。
皆さんは学校という空間において、何らかの問題に直面し、それに対する策の中から学校に行くのをやめる、という選択肢を選ばれたのだと思います。
その選択肢を選んだ皆さんは自分のとった判断についてどう思うでしょうか。マイナスな思いを抱いてしまう方もいらっしゃると思います。
しかし、僕はその判断は悪い判断だとは決して思いません。むしろ、その判断によって困難を克服できた自分を誇ってほしいと思います。

人は誰しも困難に直面します。それは時にはそれを解決しなければいけないという現実から目を背けたくなるような辛いものである時もあります。学校生活に抱えた、そのような大きな困難を、学校に行かないという手段によって自ら乗り越えることが出来たということは本当に立派です。まずは、自分の力で問題を乗り越えられた自分自身を誇ってほしいです。
では、見事その問題を乗り越えられた皆さんには、次に受験という大きな問題が立ちはだかっていると思います。
このような大きな問題を乗り越えようとする時、皆さんは何が不可欠であると考えるでしょうか。僕は、それは「やりたいこと」を見つけることだと思います。
なぜなら、それは今自分が何をするべきか、をある程度つかむ判断材料になり、また精神的な支えにもなるからです。
その「やりたいこと」はどんなに大雑把でも、漠然としていても構いません。僕も一度、大学受験に失敗するという大きな困難に直面し、浪人という選択肢を選びました。
ここで僕がこの問題を乗り越えるにあたり僕を支えてくれたのが、得意な化学で人の役に立つために薬学を勉強したい、という漠然とした「やりたいこと」でした。また浪人中、僕は幾度となくさまざまな困難に直面しましたが、それらを克服できたのも、僕には「やりたいこと」がある、という自信があったからでした。
たとえ今皆さんが「やりたいこと」を見つけていなくても問題ありません。些細なことでも皆さんがそれを見つけられるように、全力でお手伝いいたします。
もし良ければ、一緒に皆さんの「やりたいこと」を探しましょう。
そして、一緒に困難を乗り越えていきましょう。


プライバシーポリシー / 会社概要
COPYRIGHT(C)2014 kyoto asunaro kyoshitsu ALL RIGHTS RESERVED.