不登校児童を対象とした復学支援、受験指導を目的とする学習塾です。教室は、大阪からの通学にも至便な京都市内の中心部に在ります。

京都あすなろ教室
無料相談 申込み
不登校を続ける君へ
高校を中退した君へ
不登校児を持つ親御さんへ
あすなろ教室のここが凄い
子供を説得できない
自習サポート教室
お母さんのためのカウンセリング
料金
アクセス
会社概要
プライバシーポリシー
塾長からのメッセージ
講師陣からのメッセージ
自習サポート教室
 
お問い合わせ
 
TOPページ > あすなろ教室のここが凄い
あすなろ教室のここがすごい
まさに「精鋭」と呼ぶべき講師陣を揃えました。

いつ、どのようなタイミングで勉強に取りかかるか?
どんなスピードで勉強を進めていくか?
勉学面での目標をどこに設定するか?
勉学面以外での心の充実を図るために、何をするか?
どうすれば、始めた努力をその先も継続していけるのか?
――これもまた、日々、みんなで模索し続けなければなりません。

映画に喩えるならば、主役は生徒さん自身。
最大の共演者は担当講師。
この二人が、ひとつの目標と価値観を共有できるか? 
絆と信頼関係をいかようにして構築していくか? 
――それが「明るい道」へ進むための要諦となります。
そして、「脇役」として、あるいは「プロデューサー」として「ストーリー」を支えていくのが保護者のあなたと私塾長の役どころなのです。

 

「最良のパートナー」となれる講師をご紹介します

繰り返しますが、主役は生徒さん自身です。
保護者のあなたや私のような「周囲のオトナ」がどれだけ必死になろうとも、生徒さん本人が「その気」になってくれないことには、悲しいかな、「ストーリー」は動き出しません。それどころか、オトナが「良かれ」と思ってやったことが、子どもをより深い隘路に誘い込んでしまうこともあります。
では、その「主人公」である生徒さんの気持ちを誰が変えてゆくのか?
それは、やはり生徒さんを担当する講師です。
講師こそが、生徒さんの最大の理解者であり、パートナーとなる必要があります。
それゆえ、どんな若者を講師として採用するか――それは、2010年の春に開塾して以来、私の「最大のテーマ」のひとつです。
有名・一流大学に通っているだけではダメ。勉強が得意なだけの、薄っぺらい若者ならば、ゴマンといるわけですが、そういう「高い偏差値だけが売り物の若者」が不登校児童をサポートできるか?――言わずもがな、答えは「NO」です。


プライバシーポリシー / 会社概要
COPYRIGHT(C)2014 kyoto asunaro kyoshitsu ALL RIGHTS RESERVED.